• 2013.3.19

『おおさわま~ちに ただひとつ♪』の幼稚園

大貫駅から南方面へ岩瀬海岸に向かって歩いて約5分くらいのところに、黄色っぽい塀が見えてきます。そこが創立から40年以上経過するであろう『大佐和幼稚園』です。ぼくは何を隠そう隠さない、ここの卒園児です。

タイトルの『大佐和町にただひとつ、その名は大佐和幼稚園』のくだりは、当時歌っていた園の歌です。1971年に富津は市になりましたからぼくが歌っていた頃はまだ『』の時の名残といえるかもしれませんね。

130319osawa02

この広い園庭をご覧ください! 都会ではあり得ませんよね。ここで伸び伸びと走り回ってすくすく育つ、なんとも良い環境ではありませんか。あまりにも元気がありすぎた当時のぼくはこの庭から脱走していたほどです(笑)。当時の先生や園長先生を困らせていたことは内緒ですよ(笑)。

130319osawa03

部屋の名前も可愛いですね。ぼくの時は『たけぐみ』『まつぐみ』『うめぐみ』などがありました。部屋の中の壁には子どもたちが覚えるための歌が絵とともに貼ってあり、ぼくがいた頃と変わりない姿に懐かしさを覚えました。

130319osawa04

何人の園児たちがこの廊下を走り回り、歌をうたい、喜怒哀楽を共にしたことでしょう。ぼくの古い写真には母とともにこの廊下で写っているものがあります。

あれから数十年、ここは変わらず園児たちが育ち、学び、巣立っていく場所となっています。今では卒園した園児たちが親になってその子どもたちがたくさん来ているそうです。遠くは袖ヶ浦から送り迎えされている親御さんもいらっしゃるそうですよ。前の園長先生ご夫婦も今でもお元気で送迎しておられる姿を見ることがあります。いつ再会しても覚えてくださっているお二人、ありがたい存在ですね。


大きな地図で見る

大佐和幼稚園:〒293-0036 千葉県富津市千種新田422 TEL. 0439-65-4002

 

(Ken)

関連記事

MOGIGRAPH

ピックアップ

2013.3.17

埋もれた山城『造海城』に人力掘削トンネルが!

富津はその海岸線の長さから山城の遺跡が複数残る貴重な場所です。元々は複数の町村が合併してできた街ですから、海に沿って縦に長く伸びているこの地…

ページ上部へ戻る