• 2012.9.13

じっくり煮込んだ分厚いチャーシューが凄いラーメン

富津でラーメンといえばやはりここ、『ラーメン 梅の家』。富津市竹岡、国道127号線の真横の狭小地にあります。

120913umenoya01

平日でも昼前にはすでに10人ほどが並び、店内は満席。この日もそうでした。

120913umenoya02

まだ座る前からチャーシュー麺を注文。着席後、15分でやって来ました。

120913umenoya03

…一瞬、言葉を失います。ここに来るといつもそう。これで”普通盛り”のチャーシュー麺なんですよ!? そしてこの下には普通のラーメンよりも多い感じの麺が収まっています。

ここに『薬味』をお願いすると、刻んだ玉ねぎがたくさんのっかってきます。ちらっと海苔も見えますね。

 

 

さっそくじっくりいただいてみましょう。

120913umenoya04

1センチくらいの厚みがありそうなチャーシュー…食べごたえ十分です。このチャーシューが8枚も! 濃厚な香りがこれまたうまいです! お肉も柔らかいですね!

120913umenoya05

千葉市に拠点を置く『都一株式会社』の乾麺。縮れた麺にスープが絡んでとてもいい感じです。この細さがちょうどいいですね。

120913umenoya06

チャーシューを煮込んだ汁をお湯で割ったスープ。一見するととても濃そうですが、意外とそうでもなく(もちろん好みがありますが)割と飲みやすいです。何度も口に運びたくなる、そんなお味です。

ここではチャーシューをつまみに、”梅割り”を飲むのが”梅の家流”ですが、運転手の方はそうは行きません。でもどうしても飲んでみたい方、お持ち帰りができます(笑)。店内の”お母さん”に何杯分が欲しいか告げてくださいね。

こうして梅の家のラーメンをいただいたわけですが、また時間を置くと食べに行きたくなる、クセになるようなその味は、小学生の時に初めて訪れたその時からあまり変化していないように思います。味がしっかりと引き継がれているのですね。

ここで使われるチャーシューはその昔、おばあちゃんが朝早くからお店の軒先で炭火で炊いてじっくり煮込んでいたのを目にしたものです。背中を丸くしてそれを作っていた姿を今でも思い出します。

創業以来50年余と言われる『竹岡ラーメン 梅の家』。あなたもぜひ食べに行ってみませんか。

 

(Ken)

※ご指摘により、一部修正いたしました(2013.12.20)。

関連記事

MOGIGRAPH

ピックアップ

2012.10.23

ここが原点? 竹岡ラーメンの老舗は今も大人気

富津市の『竹岡ラーメン』を語るとき、人気を分けるのがこちらの『鈴屋』。国道127号線のすぐ脇にあって分かりやすく、店の前にも駐車場が…

ページ上部へ戻る