• 2012.9.1

『ふれあい公園』に咲く百日紅(さるすべり)

120901sarusuberi

富津市民ふれあい公園』をはじめ、ご近所にもあちらこちらにこのピンクの花サルスベリ』が咲いています。その名も『サルスベリ』、漢字では『百日紅』と書きます。当て字のようですね。

咲き始めてから約三ヶ月、百日も咲くことからその漢字が付いた、という説と、この花にまつわる悲しい物語からこの漢字が定着した、という伝説に因んだものもあります。

日本では、この木の表皮が剥がれ落ちて、その度に幹がすべすべの状態になることから、さすがのサルもうまく登れないのでは、と言うところからこの名前が来ているようです。

ピンクや白の花は同じ花が百日咲き続けるのではなく、新たな花が次々と咲くのだそうです。まるで花のリレーですね。

花言葉は『愛嬌』『雄弁』。

この花が散るころには、すっかり秋の気配なのかもしれません。

 

(Ken)

関連記事

MOGIGRAPH

ピックアップ

2013.2.26

千年以上も昔の遺物、竹藪に隠された横穴墓の謎

“横穴墓”、“横穴墓群”というのをご存知ですか。読んで字のごとく『お墓』なのです。6世紀から8世紀にかけて全国的に造られ…

ページ上部へ戻る